2012年02月19日

「ドラゴン・タトゥーの女」  158分

原題:The Girl with the Dragon Tattoo


2011年アメリカ/スウェーデン/イギリス/ドイツ製作  ジャンル:犯罪/ドラマ/ミステリー


全米公開:2011年12月20日  日本公開:2012年2月10日


内容:全世界で6500万部を売り上げたスウェーデンのミステリー小説の映画化「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のリメイクで、社会派雑誌を発行するジャーナリストの元へ、大企業の元会長から一族の娘の失踪事件の真相を突き止めて欲しいと依頼される。


感想コメント:最後のオリジナルとは違うシーンが、リスベットの心境の変化の表れからの行動で、リスベットが生き生きと軽快に描かれていて観応えあった。その後の落胆ぶりの差が激しく、リスベットを再び孤独にさせた感じが切なかった。R15指定なのは裸や暴力描写以外に、絶えずタバコを吸うシーンが出てきたからだと思う。リスベットが感情をむき出しにして行う問題のシーンもオリジナルとそっくりで、さほど凄くなかった。暴力的だと言えば、連続殺人犯の手口の写真だと思った。全体的には、暗い画面がリスベットの心境を表していたのが印象的だった。「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」をハリウッドから注目され、出演していたミカエル役のミカエル・ニクヴィスト(Michael Nyqvist)は「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」、リスベット役のノオミ・ラパス(Noomi Rapace)は「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」に大抜擢されたのも納得。

★★★☆☆  公式サイト






監督: 

ソーシャル・ネットワークデヴィッド・フィンチャー
デヴィッド・フィンチャー(David Fincher)



出演:


ドラゴン・タトゥーの女ダニエル・グレイグ
ダニエル・グレイグ(Daniel Craig)
ラブリーボーン レイチェル・ワイズ
妻 レイチェル・ワイズ(Rachel Weisz)


ドラゴン・タトゥーの女ルーニー・マーラ
ルーニー・マーラ(Rooney Mara)
127時間ケイト・マーラ
姉 ケイト・マーラ(Kate Mara)


ドラゴン・タトゥーの女クリストファー・プラマー
クリストファー・プラマー(Christopher Plummer)
娘アマンダ・プラマー
娘 アマンダ・プラマー(Amanda Plummer)
元妻タミー・グライムズ 
元妻 タミー・グライムズ(Tammy Grimes)


ドラゴン・タトゥーの女ステラン・スカルスガルド
ステラン・スカルスガルド(Stellan Skarsgard)
長男アレキサンダー・スカルスガルド
長男 アレキサンダー・スカルスガルド(Alexander Skarsgard)
次男グスタフ・スカルスガルド
次男 グスタフ・スカルスガルド(Gustaf Skarsgrd)


ドラゴン・タトゥーの女スティーヴン・バーコフ
スティーヴン・バーコフ(Steven Berkoff)

ドラゴン・タトゥーの女ロビン・ライト
ロビン・ライト(Robin Wright)
フェア・ゲームショーン・ペン
元夫 ショーン・ペン(Sean Penn)


ドラゴン・タトゥーの女ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン
ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン(Yorick van Wageningen)

ドラゴン・タトゥーの女ジョエリー・リチャードソン
ジョエリー・リチャードソン(Joely Richardson)
父トニー・リチャードソン
父 トニー・リチャードソン(Tony Richardson)
母ヴァネッサ・レッドグレーヴ
母 ヴァネッサ・レッドグレーヴ(Vanessa Redgrave)
姉ナターシャ・リチャードソン
姉 ナターシャ・リチャードソン(Natasha Richardson)
祖父マイケル・レッドグレーヴ
祖父 マイケル・レッドグレーヴ(Michael Redgrave)
祖母レイチェル・ケンプソン
祖母 レイチェル・ケンプソン(Rachel Kempson)
叔父コリン・レッドグレーヴ
叔父 コリン・レッドグレーヴ(Corin Redgrave)
叔母リン・レッドグレーヴ
叔母 リン・レッドグレーヴ(Lynn Redgrave)
従姉妹ジェマ・レッドグレーヴ#8195;
従姉妹 ジェマ・レッドグレーヴ(Jemma Redgrave)


ドラゴン・タトゥーの女ジェラルディン・ジェームズ
ジェラルディン・ジェームズ(Geraldine James)

ドラゴン・タトゥーの女ゴラン・ヴィシュニック
ゴラン・ヴィシュニック(Goran Visnjic)

ドラゴン・タトゥーの女ドナルド・サンプター
ドナルド・サンプター(Donald Sumpter)

ドラゴン・タトゥーの女ウルフ・フリベリ
ウルフ・フリベリ(Ulf Friberg)

ドラゴン・タトゥーの女ベンクトゥ C.W.カールソン
ベンクトゥ・C.W.カールソン(Bengt C.W. Carlsson)

ドラゴン・タトゥーの女イーヴァ・フリショフソン
イーヴァ・フリショフソン(Eva Fritjofson)

ドラゴン・タトゥーの女モア・ガーペンダル
モア・ガーペンダル(Moa Garpendal)

ドラゴン・タトゥーの女ジュリアン・サンズ
ジュリアン・サンズ(Julian Sands)

ドラゴン・タトゥーの女マーティン・ジャーヴィス
マーティン・ジャーヴィス(Martin Jarvis)

ドラゴン・タトゥーの女インガ・ランドグレー
インガ・ランドグレー(Inga Landgre)

ドラゴン・タトゥーの女マッツ・アンデション
マッツ・アンデション(Mats Andersson)

ドラゴン・タトゥーの女アーリー・ジョヴァー
アーリー・ジョヴァー(Arly Jover)

ロスト5アラン・デイル
アラン・デイル(Alan Dale)

ドラゴン・タトゥーの女エンベス・デイヴィッツ
エンベス・デイヴィッツ(Embeth Davidtz)

ドラゴン・タトゥーの女ジョエル・キナマン
ジョエル・キナマン(Joel Kinnaman)

ドラゴン・タトゥーの女ペル・ミルバーリ
ペル・ミルバーリ(Per Myrberg)

ドラゴン・タトゥーの女エロディ・ユン
エロディ・ユン(Elodie Yung)

ドラゴン・タトゥーの女ヨセフィン・アスプルンド
ヨセフィン・アスプルンド(Josefin Asplund)





製作: 


ソーシャル・ネットワークセアン・チャフィン
セアン・チャフィン(Cean Chaffin)

恋するベーカリー スコット・ルーディン
スコット・ルーディン(Scott Rudin)

ドラゴン・タトゥーの女ソーレン・スタルモス
ソーレン・スタルモス(Soren Staermose)

オーレ・ソンドベルイ(Ole Sondberg)




協力製作(associate producer): 

ジム・デヴィッドソン(Jim Davidson)




共同製作(co-producer):

ベルナ・レヴィン(Berna Levin)




調整製作(line producer):

ドラゴン・タトゥーの女マルテ・フォーセル
マルテ・フォーセル(Malte Forssell)




製作総指揮:


ライアン・カヴァナー(Ryan Kavanaugh)

アンニ・ファウルビー・フェルナンデス(Anni Faurbye Fernandez)

ドラゴン・タトゥーの女ミーケル・ヴァレン
ミーケル・ヴァレン(Mikael Wallen)

ドラゴン・タトゥーの女スティーヴン・ザイリアン
スティーヴン・ザイリアン(Steven Zaillian) ※脚本
posted by まぐ at 22:25| Comment(0) | 映画館レビュー 2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

2012.1.30-1.31 「ドラゴン・タトゥーの女」来日イベント

今週末10日公開の、全世界で6500万部を売り上げたスウェーデンのミステリー小説の映画化「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のリメイク「ドラゴン・タトゥーの女」(The Girl with the Dragon Tattoo)。監督のデヴィッド・フィンチャー(David Fincher)と、ハッカーのリスベットを演じアカデミー主演女優賞にノミネートされているルーニー・マーラ(Rooney Mara)が来日し、1月30日東京国際フォーラムでジャパンプレミアが行われた。会場にはダンスパフォーマンスを披露した菜々緒、水墨画でドラゴンを描くパフォーマンス披露した水墨画家の小林東雲が登場した。

120130djp2.jpg 120130djp3.jpg



翌31日には六本木の東京ミッドタウンで来日会見を行った。

120131dtpc.jpg 120131dtpc2.jpg 120131dtpc3.jpg





きょう8日には石井竜也製作のボディーアートを施した土屋アンナが姿を見せた。




「ドラゴン・タトゥーの女」はダニエル・グレイグ(Daniel Craig)、クリストファー・プラマー(Christopher Plummer)、ステラン・スカルスガルド(Stellan Skarsgard)、ロビン・ライト(Robin Wright)、ゴラン・ヴィシュニック(Goran Visnjic)共演。




posted by まぐ at 22:10| Comment(0) | 映画館レビュー 2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

「J・エドガー」  137分

原題:J. Edgar


2010年アメリカ製作  ジャンル:実話/犯罪/ドラマ


全米公開:2011年11月11日  日本公開:2012年1月28日


内容:初代FBI長官ジョン・エドガー・フーヴァーを、20代でFBI前身組織の長官に就任前後から振り返りながら、歴史的背景を描いていく。


感想コメント:親の期待、女性を愛せずにいる自分との葛藤を、レオナルド・ディカプリオは上手く表現していて、アカデミー賞にノミネートされても良いのではと思った。エドガーの虚言癖は親の期待が大きかったからだと思う。エドガー率いるFBIの捜査を背景に、アメリカの歴史を分かりやすく振り返る事が出来て、勉強にもなった。老けメイクは出来ても声が若かったのに違和感があった。

★★★★☆  公式サイト






監督: 


クリント・イーストウッド(Clint Eastwood) ※製作・音楽

母 ルース・イーストウッド(Ruth Eastwood)

娘 アリソン・イーストウッド(Alison Eastwood)

息子 カイル・イーストウッド(Kyle Eastwood)

息子 スコット・リーヴス(Scott Reeves)

娘 フランチェスカ・フィッシャー=イーストウッド(Francesca Fisher-Eastwood)

娘 モーガン・イーストウッド(Morgan Eastwood)

妻 ディナ・イーストウッド(Dina Eastwood)

元恋人 フランシス・フィッシャー(Frances Fisher)




出演:



レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)


ジョシュ・ハミルトン(Josh Hamilton)


ジェフ・ピアソン(Geoff Pierson)

妻 カリー・ティミンス(Cali Timmins)


シェリル・ローソン(Cheryl Lawson)


ケイトリン・ディヴァー(Kaitlyn Dever)


ブラッドリー・マシューズ(Brady Matthews)


ガナー・ライト(Gunner Wright)


デヴィッド・A・クーパー(David A. Cooper)


エド・ウェストウィック(Ed Westwick)


ナオミ・ワッツ(Naomi Watts)
リーヴ・シュレイバー
パートナー リーヴ・シュレイバー(Liev Schreiber)



ジャック・ドナー(Jack Donner)


ジュディー・デンチ(Judi Dench)
元夫マイケル・ウィリアムズ
元夫 マイケル・ウィリアムズ(Michael Williams)


フェア・ゲームジェシカ・ヘクト
ジェシカ・ヘクト(Jessica Hecht)


アーミー・ハマー(Armie Hammer)

ER緊急救命室14 マイケル・レイディ 
マイケル・レイディ(Michael Rady)


ケン・ハワード(Ken Howard)


ジェフリー・ドノヴァン(Jeffrey Donovan)


ダーモット・マルロニー(Dermot Mulroney)


ジョシュ・ルーカス(Josh Lucas)


デニス・オヘア(Denis O'Hare)


デイモン・ヘリマン(Damon Herriman)


スティーヴン・ルート(Stephen Root)

妻 ロミー・ローズモント(Romy Rosemont)





製作: 


ロビン・フッドブライアン・グレイザー 
ブライアン・グレイザー(Brian Grazer)
弟ギャヴィン・グレイザー
弟 ギャヴィン・グレイザー(Gavin Grazer)
元妻ジジ・レヴァンジー
元妻 ジジ・レヴァンジー(Gigi Levangie)


長男ロン・ハワード
ロン・ハワード(Ron Howard)
コールド・ケース2ランス・ハワード
父 ランス・ハワード(Rance Howard)
妻ジーン・スピーグル・ハワード
母 ジーン・スピーグル・ハワード(Jean Speegle Howard)
ブライス・ダラス・ハワードヴィクトリアVictoria
娘 ブライス・ダラス・ハワード(Bryce Dallas Howard)


インビクタス/負けざる者たち ロバート・ロレンツ 
ロバート・ロレンツ(Robert Lorenz)
posted by まぐ at 22:05| Comment(0) | 映画館レビュー 2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。